すぐにお金がほしい時、今すぐお金を手に入れる方法とは?

MENU

すぐにお金がほしい!今すぐお金を手に入れるには?

今すぐにお金がほしい時どうやってお金を手に入れるのが良いのでしょうか?

方法としては日雇いバイト、カードローン、クレジットカード、ギャンブル等意外にも沢山あります。

 

ですが逆に今すぐお金を手に入れる方法が沢山あると、どれが良いのか迷ってしまいます。

 

ここではすぐにお金がほしい時に今すぐ手に入れる方法について解説していきます。

 

どの方法が自分に合っているのか参考にしていただければと思います。

 

 

 

すぐにお金がほしいときは日雇いバイト!

 

今すぐにお金がほしい時にオススメなのが日雇いのアルバイトです。

すぐにお金がほしいその日に給料を受け取れますので少額だけ必要な方には最適ではないでしょうか?

 

但し、肉体労働の仕事が多いですから体力に自信がない方は正直いっていくらすぐにお金がほしい場合でも止めたほうが良いです。

 

単発の仕事でも高額収入が得られるものも多いですが総じて体力系の仕事であることが殆どですので、すぐにお金がほしい時でも内容をよく確認してから仕事を請け負うようにしましょう。

 

日雇いバイトをするには仕事を斡旋している会社に登録する必要があり、登録しないことにはすぐにお金がほしいと思っても仕事は出来ません。

 

仕事によっては作業着を購入しなければいけないなど費用がかかるものもありますので、すぐにお金がほしい時には特に注意してください。

 

また給料は働いた時間分のみとなりますので交通費などは一切でません。

 

拘束時間で時給換算するとかなり安いですから、その点はすぐにお金がほしい場合でも理解した上でバイトするようにしましょう。

 

すぐにお金がほしい時に特に注意するべきなのは、日雇いバイトだからといって必ず働いたその日に給料が出るわけではありません。

 

会社や仕事によっては指定日に振り込みやまとめて支払いするところも多いです。

 

今すぐにお金がほしい場合は即日現金で受け取れる仕事を選ぶようにしましょう。

 

 

 

すぐにお金がほしい状況で、働いているのならカードローン

働いているならすぐにお金がほしい時にカードローンを利用するのも良いかもしれません。

 

担保も保証人も必要ありませんので誰にも迷惑かけることなくすぐにお金がほしいと思った時に借りる事が出来ます。

 

ただ金融機関にとってはリスクが高いものですから、その分審査基準は厳し目になっています。

 

すぐにお金がほしい人が審査で重視されるのは申込者の返済能力と信用力です。

 

 

収入は金額ではなく如何に安定しているかをチェックしています。

 

毎月のように給料をもらっていて月によって金額にバラつきが無いことが収入面での条件です。
すぐにお金がほしいと思って、働いているならいいですよね。
更に勤続年数1年以上の実績が必要となります。

 

すぐにお金がほしい人の中でも長く勤務している人のほうが仕事も収入も安定していると見られ審査で有利となります。

 

銀行でもカードローンは取り扱いしていますが、今すぐにお金がほしい場合には正直向いていません。

 

審査基準が厳しいですからそもそも融資が受けられる可能性が低いです。

 

カードローンで即日で融資を受けるにも条件があります。すぐにお金がほしい場合には非常にきにする部分ですね。

 

口座振り込みなら指定時間内に契約完了させること、カード発行なら指定時間までにカードを受け取りすることがすぐにお金がほしい時には必要となります。

 

 

口座振り込みはすぐにお金がほしい時に向いていて、自宅や外出先でも融資を受けることが出来ます。

 

インターネットを使って手続きを行い、契約完了後に指定の口座へ入金されます。

 

口座振り込みでの即日融資の条件は業者ごとに異なります。

 

すぐにお金がほしいときには、何時までに申し込みを行い何時までに契約完了すれば即日融資可能なのか必ず確認しましょう。

 

口座振り込みは銀行の営業時間内のみ対応可能です。すぐにお金がほしいなら営業時間の確認は必須です。

 

当然土日祝日は利用不可ですのでもし週末にすぐにお金がほしい場合はローンカード発行で即日融資を受けましょう。

 

大手消費者金融はカード発行を自動契約機でも行なうことが可能です。

 

その場でカードが受け取れますので郵送が届く前でもすぐにお金がほしい時にその場で、融資を受けることが出来ます。

 

カードの場合すぐにお金がほしいと思ったその日のうちにカード発行できればOKです。

 

自動契約機では申し込みにも対応していますが、出来れば申し込みはインターネットで行います。

 

と言うのも自動契約機で申し込みしたからといって審査が早まることは無いです。

 

すぐにお金がほしいなか、審査結果が出るまでの間なれない場所に長時間待っているのは中々の苦痛です。

 

しかも万が一審査に落ちたらタダの無駄足で終わってしまいますので、すぐにお金がほしい人はリスクを減らす意味でも、インターネットもしくは電話で申し込んで審査に通過してから自動契約機に行きましょう。

 

その際は必要書類を持参することを忘れないように気をつけてください。

 

自動契約機は平日夜間や土日祝日でもすぐにお金がほしいどんな時にも利用することが出来ますので非常に便利ですよ。

 

 

 

クレカのキャッシング枠で借りることも可能

クレジットカードでお金を借りる事が出来るのはご存知でしょうか?

 

クレジットカードはシッピング枠とキャッシング枠があります。すぐにお金がほしい時はキャッシング枠が重要です。

 

ショッピング枠は商品やサービスの購入時に利用できる枠で、キャッシング枠は現金を借りる事が出来る枠です。

 

キャッシング枠が付帯されていればコンビニなどのATMで現金を借りる事が可能です。

 

カードを入れて暗証番号を入力すれば後は希望する金額を入力するだけでOKなので簡単に借りる事が出来ますので、今すぐお金がほしい時には役立ちます。

 

いざという時、すぐお金がほしい時、サッと現金を引き出せるのが非常に便利ではありますがショッピングに比べ金利が高いのが難点です。

 

返済は一括払いとリボ払いから選択できますので無理なく返済は可能です。

 

クレジットカードの一括払いは利息が一切発生しませんがキャッシングの場合は一括返済であっても利息を払わなければいけません。

 

また返済が長期化するとその分無駄に利息を払い続けなければいけませんのですぐお金がほしいといっても、注意してください。

 

またクレジットカードには必ずキャッシング枠が付帯されているわけではありません。

 

もし付帯されていない場合でもすぐお金がほしい時など、後から付帯は可能です。

 

ですがキャッシング枠を付帯するにも審査を受けなければいけませんので必ずキャッシング枠を付帯できるわけではないということをお忘れなく。

 

 

カードローンのほうが利便性が高いですから、すぐお金がほしい時もキャッシング枠の申し込みを考えているのであれば無理に作らずカードローンに申し込むほうが良いです。

 

 

 

すぐにお金がほしいときでも、これはやめよう

 

今すぐにお金がほしい時でも、これだけは止めたほうが良いのがあります。

それはギャンブルです。

 

とにかく楽して現金を手にしたいという方が一攫千金を狙ってギャンブルに没頭してしまいがちです。

 

しかしギャンブルで勝つのは簡単ではありません。すぐお金がほしい時ならなおさらです。

 

またギャンブルによっては客が中々勝てないような仕組みになっているものもあり、パチンコは特にその可能性が高いギャンブルです。
すぐお金がほしい時は時間の無駄になる可能性が高いです。

 

パチンコはバイトをするよりも短時間で多くの収入が得られる可能性が高いです。

 

比較的自由ですから一見すると非常に楽に儲ける事ができると思いがちです。

 

しかしパチンコを営業するには莫大な費用が必要となり、客の負け分で賄っています。

 

業者からすれば客に勝たれてしまっては困るわけです。

 

ですから勝てる仕組みにはなっておらず多くの方が負けるようになっているのです。すぐお金がほしい場合に、逆に失う可能性がありますね。

 

パチンコは法律改正によって以前よりも賭博性は抑えられているのですぐお金がほしいなら無駄になってしまうかもです。

 

しかし大当たりの確率こそ高くなったものの、払い出しは減っており以前よりも巧みに計算された遊戯バランスにより勝てない確率はより高くなっています。

 

ギャンブルだけなすぐお金がほしい時でも、く怪しいバイトにも手は出さないことです。

 

「誰でも簡単に高収入をGET」このような謳い文句の求人を見かけたことがあるという方は意外と多いのではないでしょうか?

 

こんな好条件のアルバイトがあったら特にすぐお金がほしい場合に、やってみたいと思うかたが殆どかも知れませんが、しかし実際に応募する方は少ないです。

 

何故なら殆どの人はそんなうまい話はなく危険だからと分かっているからです。

 

怪しいバイトは逮捕される可能性もありますのですぐお金がほしいと思っても、絶対に手を出さないことです。

 

 

よくあるのがチケット転売などです。

 

チケット転は転売自体が問題でなく、買い占めによってほんとに見たい人が見れない公共の履歴に反することや暴力団の資金源となることが問題視されています。

 

例えば本当に行きたくて購入したライブのチケットが体調不良など都合によっていけなくなってしまったから売るという場合は問題ありません。

 

しかし始めから転売を目的として購入・販売するのはすぐお金がほしい場合でもアウトです。

 

闇バイトというバイトがあるのをご存知でしょうか?

 

パチンコの打ち子・出会い系サイトのサクラ・口座売買など、仕事内容は非常に簡単にもかかわらず高報酬を得ることが出来ます。

 

法的にグレーゾーンなバイトと言われていますが、ほぼ違法ですからすぐお金がほしい場合でも絶対に手を出さないことです。

 

こういった仕事は短期間で高収入・やりたい時にいつでもできる・初心者大歓迎を謳っていることが多いです。

 

確かにこんな好条件があったらすぐお金がほしい時には思わず飛びつきたくもなりますが、このようなバイトに安易に手を出してしまうと知らず知らずのうりに犯罪に加担してしまい自分が逮捕される可能性もあります。

 

違法だと知らなかったでは済まされませんのですぐお金がほしい時でも十分に気をつけ下さいね。

 

 

また最近すぐお金がほしい場合に、増えてきているのがクレジットカードの現金化です。

 

これを専門とする業者があり、その業者はまず申し込み者に商品を購入させます。

 

購入させる商品は殆ど価値の無いものばかりです。

 

購入後に業者に売り、その業者はお金を渡すと言う仕組みです。

 

一応法的にはグレーな手法らしいですがクレジットカード会員規約に反する行為ですから、すぐお金がほしい場合でもカード会社にバレれば利用停止の措置を取られます。

 

電柱や電話BOX等にクレジットカード現金化のチラシが貼ってあるのを見かけますが、すぐお金がほしい状況でも借金が増えるだけですからやはり利用しないことです。